葬式や告別式について

仏教で執り行われる葬儀には、通夜、葬式、告別式があります。
通夜は故人が亡くなった当日かもしくは翌日に行うもので、残されたものが故人との最後の夜を過ごす日です。斎場や寺院などで僧侶による読経が行われ、遺族や親族のほか、故人と親しかった友人や知人の参列もありますが、ごく親しい身内だけで執り行われる場合もあります。
夜間は線香が絶えないよう、朝まで遺族が交代で寝ずの番をするという風習もあり、地域によっては現在も行われています。
葬式は通夜の翌日に実施するのが一般的ですが、社会的に影響力のある人でも無い限り、通夜とは違い親族だけで行うケースが多くなっています。
告別式は葬式の後に行われる、故人とのお別れを意味する儀式です。近年は葬式と同時に執り行われることが多いため、区別されることはほとんどありません。
葬式や告別式は友引を避けるのが常識とされていますが、通夜は友引と重なっても特に問題ありません。友引を避けるのは、「凶事に友を引く」という迷信からくるものです。