葬式をすることになったら

人が亡くなるというのはあまり気持ちがいいものではありません。しかしながら、亡くなった人を気持ちよくこの世から送り出すためにも、きちんと葬式などをして身近な人たちで冥福を祈りたいものです。
病気などでは事前に心の準備ができていたりするものですが、突然の事故などで命を落としたりした場合には、なかなか気持ちもすっきりとせずに葬式になってしまうこともあるでしょう。ほとんどの場合で亡くなってから通夜や葬式というのは早い時期、特に1週間以内に執り行うことが多くなっています。

葬儀場の関係もあったりするので、友引などの日にならないようにして、日程を決めていくことになります。そしてまわりに不幸があったことを伝えるようにします。
身内が亡くなったりしたときには自分の職場などに伝えることで忌引き扱いで仕事を休むことができたりします。これは子供の学校も同様です。また、地方紙などに訃報欄を利用して、いろいろな人に伝えることもあります。