葬式を行う日

通夜や葬式を行う日に友引を避ける人が多いです。亡くなったひとが寂しくて友達を引いていくという迷信からきています。本来友引は何事も引き分けとなり勝負がつかない日で、以前は共引と書いてあったとのことです。長年の迷信から通夜は友引にしても葬式は友引を避ける地域が多いです。それに合わせて火葬場をお休みとしているところもあります。遺族の家族が六曜の友引にこだわらない場合でも参列者がその日を嫌がる人がいるのも現実です。地域により、友引の葬式を行う時には故人とともにあの世に行く人形(友引人形)を棺に入れて送るところもあります。葬式は地域の風習や慣習が色濃く残る行事の一つとも言えます。地域の人々や参列をしてくれた人達の心にわだかまりを残すようなことは、遺族が生活をして行くときに気持ちがすっきりしないようにもなりかねません。また、故人に対しても申し訳ないような気持ちになったりします。忙しい時代ですが、1日の事でお互いの気持ちに影を落としたくないものです。