六曜で葬式の日程を決める

葬式の日程を決めるときには、葬儀を行う会場の都合や火葬場の日程などを考慮しますが、それ以外に六曜を考慮することがあります。六曜を考慮した場合、先勝と先負の間にある友引を避けて葬式を行うことが一般的です。友引は凶事に友を引くという言葉から、友引の日に葬儀を行うことによって故人が親しい人を一緒にあの世に連れていくのではないかということから、避けるようになりました。そのため、友引の日に葬儀を避ける傾向がいまだに残っています。ただ友引は葬式だけを避けるのであって、通夜は避ける必要がありません。ただ通夜と葬式は連続した日程で行うことが一般的ですから、友引が近くになる場合は、通夜も日程をのばすことがあります。しかし現在は六曜について気にする人が少なくなってきており、友引だからといって葬儀を避けることもなくなっています。友引に葬式をしたものの、気になるようであれば、故人の棺の中に身代わりとなる人形を入れるという方法もとられています。