無宗教葬儀が選べる幸運

葬儀形態は、数十年前から自由に選べるようにはなっていたのですが、インターネットが普及する前は、一般の人々にとっては事実上無理でした。著名人が無宗教葬儀をした、家族葬をした、密葬をしたといった報道に接して、そうした形態が存在するということは認識できましたが、それは自由に選択できる特別な人々だけが可能であること、といったイメージを持たれがちだったようです。そうした葬儀をおこなう方法がわからなかったし、葬儀事情に関する情報のとりようがなかったからです。インターネットの普及が、その状況をかなり変えました。墓地が寺にある場合は、葬儀の選択肢はないも同然ですが、他の場所に墓地を設けるケースが増えたのも、変化に影響しているでしょう。人々はインターネットで葬式に関する情報を詳しく知ることができるようになり、30分もすれば全体像の把握もできるため、俯瞰的な判断も可能になりました。無宗教葬を設定している業者も多く、簡単に選べるようになっています。

PR | 骨壺の販売についてはこちら