月別アーカイブ: 2017年1月

神式でのお葬式

日本で多いのは仏式のお葬式で一般的にお通夜、葬儀、告別式と言いますが、神式の場合はというとお通夜にあたるのが通夜祭、葬儀にあたるのが葬場祭、告別式にあたるのが出棺祭とか火葬祭と言い、精進落としのような物が直会という会食になります。このように呼び方も違えば内容も全く異なり、お葬式を行う場所は神社で行う事はありませんし、それぞれ式の前には参列者は手水の儀という身を清める儀式を行います。これは神社にご参拝に行くと必ず手水舎というところで自分を綺麗にしてからお社に向かうのと同じ行為で順序も一緒です。そして仏式でいう僧侶の読経に当たるのが斎主(神職者)による祭司奏上、仏式のお焼香に当たるのが玉串奉奠になるのですが特に玉串奉奠の際は受け取ってから祭壇に向かって玉串をささげる動作は神式特有の動作ですのであらかじめ作法をネットで学んでから行くとスムーズに行えます。また神社でのご参拝の際は通常は二礼二拍手一礼の時に柏手と言って拍手の音を出して行いますが、五十日祭が過ぎるまではしのび手(音が無い拍手)なので要注意です。